パチンコ依存症で借金!破滅へと転落人生


パチンコ依存症の果てに待っているものとは?

パチンコ依存症の方が借金生活の果てにどうなってしまうのか。パチンコ依存症は借金問題と結びつきやすいのですが、なぜ、そうなってしまうかが分かると思います。

 

 

パチンコ依存症で借金をするとどうなるのか?

 

パチンコ依存症の特徴として、同時に借金の問題を作ってしまいやすいことがあげれられます。これは、パチンコが基本的に有料ゲームであることが関わっています。有料ゲームと聞くと、何だか懐かしい感じがする方もいるでしょうが、たとえば当時は、アバターの着せ替えだけで10万近く消費する子どもが次々とあらわれました。ゲームの内容はまったく違いますが、パチンコと言うコンテンツもまったく同じです。ゲームにハマりやすい人間からお金を巻き上げるのです。

 

 

アルコール依存症も借金漬けになりやすいですが、依存者の多くは、日々数万も飲酒するような丈夫な肝臓を持ち合わせてはいません。ですから、借金をしても額が違います。パチンコ依存症は、ハマりはじめると、とんでもない金額を突っ込んでしまいます。むかしのサラ金なら、多分上限額いっぱいになるのに、そう日にちはかからないはずです。これがパチンコ依存のいちばんの特徴です。

 

 

サラ金に手を出し、ついに破滅へと転落

 

パチンコ依存症の軍資金の調達方法は、はじめはクレジットカードのキャッシングから始まります。ただし、一般的なクレジットカードですから、借りれる金額は知れています。そして、サラ金のローンカードをつくって、借りては返すを繰り返していきます。ただし、むかしと違っていまは、ある程度年収がないと、ローンカードを作らせてくれない世の中に変わっています。そこで、クレジットカードを有効に(?)活用するため、カード現金化に手を染めてしまう例も多いのです。

 

 

カード現金化とは、クレジットカードで換金可能な商品を購入し、現金を得ると言うもの。ほかにも数パターン、現金化する方法はあり、もう何年もの間、現金化業者が合法性を主張してきたのですが、カード会社もついに現金化の恐れのある商品の購入前にカード利用をストップできるシステムを導入するなど、対応を進めています。

 

 

いま、少なくともカード現金化は使えないようになっているかと思いますが、総量規制に切り替わる端境の時期(つまり、むかしの中小のサラ金が潰れてなくなってしまった時期)を知っているパチンコ依存者の多くは、カード現金化で資金調達した者もいるのではないでしょうか。ただし、還元率は酷いもので20万円カードを使っても、12万ぐらいにしかなりません。ですから、多くの場合は新幹線の回数券を近くのチケット屋に売るわけです。ただし、いまではどれも通用しません。

 

 

保険の解約と闇金

 

パチンコ依存症の軍資金集めは、世間全体がお金を貸さなくなっていくなか、まだまだ続きます。そして破滅へと転落していきます。世の中全体がお金を貸さなくなるのですから、持っている金融資産を現金化するしかありません。

 

 

金融資産と言ったら保険しかありませんが、自分の保険はすでに解約して返戻金を軍資金にしています。そこで、子どもの学資保険を解約して軍資金に充てるのです。

 

 

はじめは一部を借りるのですが、毎月の払い込みもできなくなり解約してしまうわけです。大抵は親である本人が契約者ですから、解約自体は自由にできるでしょう。ただし、そのお金はすべてパチンコに消えていくわけですから、やったことがある方は、おそらく幸せにはなれないはずです。

 

 

こうして破滅の道は徐々に色濃くなっていきます。そしてついに、パチンコしたさに我慢しきれず、闇金に手を出してしまう者もいます。知っていると思いますが、闇金の利息は異常に高いことで知られています。また、貸付業者はどこの者かも分からず、携帯番号だけでつながっているだけです。

 

 

幸い、闇金に借りたとしても、弁護士に相談すると元金も返還せずに済んでしまうことになるようです。パチンコ依存症の借金は早目に弁護士に相談することが大事ですし、またそのことが依存症の解決にもつながっていきます。

あなたの借金どれくらい減るか知りたくありませんか?

パチンコ依存症で借金!破滅へと転落人生 パチンコ依存症で借金!破滅へと転落人生



パチンコ依存症で借金!破滅へと転落人生 パチンコ依存症で借金!破滅へと転落人生