パチンコ依存症は借金地獄に陥りやすい!自転車操業に要注意


パチンコ依存症は多重債務とつねに隣り合わせ

気づいているかも知れませんが、パチンコ依存症は次から次に借金してしまいます。これはいつかはかならず勝てるという、誤った思い込みから来るものです。ここでは、こうした誤った考えから作ってしまう借金問題を、どのように解決していけば良いのかまとめてみました。

 

 

依存度が高い人は要注意!ついにはヤミ金に手が及んでしまうことも

 

はっきり言って、パチンコ依存症は借金過多に陥りやすいギャンブルです。パチンコ依存者で借金せずに済んでいるのは、ある程度有名な芸能人や特殊な世界の人だけではないでしょうか。なぜパチンコが借金をつくりやすいかというと、無計画に資金を投じてしまうからです。

 

 

また、パチンコは勝てる見込みが読めないギャンブルです。一度や二度、大当たりしたぐらいで、勝つか負けるか分からないパチンコに資金を投じるのですから、どんなにセーブしていても、やがてカードでキャッシングするようになります。そして誰もがはじめは小額ですが、すぐに上限額に到達し、その後は減ることはありません、こうして、多重債務の渦の中にハマってしまうのです。

 

 

ただ、むかしはサラ金も、高利ではあったものの比較的容易にお金を貸付していました。しかも、当時は規模の小さな激甘審査ファイナンス、極甘審査ファイナンスが駅前の雑居ビルを中心に目白押しでしたから、これによってパチンコ依存症の方は相当助かったはずです。

 

 

しかしいまでは、基本的に年収の3分の1までしかお金を貸さない世の中となっています。そんなこともあり、借金をしてまでパチンコをしたい方の抑止となっているのですが、パチンコ依存性が高い人になると、違法な高金利の業者(ヤミ金業者)を見つけてきて、安易に資金調達してしまうなどの問題も多発しています。

 

 

債務整理を考えてみる

 

パチンコ依存症は、ほかにもいろんな問題もはらんでいるわけですが、借金問題もいつかは解決せねばならない事案です。パチンコで大当たりすれば返す目処は立つかも知れませんが、それならとっくのむかしに返せたはずです。また、収入がある程度あって、何とか返せるという方は自力で返すことを考えれば良いでしょう。そのような方なら、パチンコ依存も軽度で済んでいるはずです。

 

 

それでは、いまの収入では早晩ヤミ金から借りるしか手がないという方はどうすれば良いでしょう。この場合は、法律の力を使い、債務整理を検討するべきです。債務整理とは、債権者に同意してもって借金を減額したり、支払不能であることを認めてもらい債権放棄を求める手続きです。債務整理は自分でもできますが、一般的には弁護士や認定司法書士らといった、法律の専門家の力を借りてすすめるものです。

 

 

なお、債務整理は任意整理や自己破産など、いろいろあるのですが、ギャンブルが原因で作った借金は自己破産が認められないと言われています(これを免責不許可と言います)。ただし、実際はギャンブルが借財の原因であっても、免責許可の決定を得られることもあります(これを裁量免責と言います)。ギャンブル由来の借金だから、債務整理、自己破産は無理と思っている方は、考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

 

 

債務整理の利点

 

パチンコ依存者が債務整理をすすめて行くことは、ふたつの意味で大いに歓迎できます。そのひとつは裁判所や弁護士が債権者に受任通知が出されてしまうと、その後は業者からのいっさい連絡が来なくなり、合意案等がでるまで、支払いもストップとなることです。これでパチンコ依存症の改善・回復に集中できます。

 

 

もうひとつは、弁護士と面談を繰り返すことで、自分の甘さに気づき、パチンコ依存を断ち切りやすくなります。これは、比較的面談回数が少ない任意整理や、弁護士を使わない特定調停でも同じ効果を期待できるようです。

 

 

これは、いままで第三者から意見されたことがなかった依存者が、相談や面談をする中で、少しづつもとの自分を取り戻すのだとしか言いようがありません。もちろん、すべての依存者に当てはまることではないですが、何らかの効果を示す方は意外に多く見られます。依存治療を受けなくて済むことを考えると、債務整理をすすめる大きな利点ではあるでしょう。

人気の記事