やめたいけれどやめられない!パチンコ依存症の本質とは


自分の中の問題点に気づくことで分かるパチンコ依存症

パチンコ依存症から脱却したいというのは、病に気づきはじめた方がみんな行き着くところではないでしょうか。ただ、その脱却方法ばかりを伝えるだけでは、本質的な問題解決にはなかなかつながりません。ここでは、アダルトチルドレンをひとつのキーワードと捉え、パチンコ依存症との関係性に迫ってみました。

 

 

自分の中の問題点に気づくことで、難解と思われる依存症をより近づけて考えられれば、こんなに良いことはありません。

 

 

パチンコ依存症から脱却する方法を考える前に知っていただきたいキーワード

 

自分がパチンコ依存症であるかどうかは、まだ認識していない方がいたとします。それでも借金をしてパチンコする生活を望んでいなかったとしましょう。つまり、彼はパチンコをやめたいと思っているわけです。実際にパチンコをやめるための生活も試すのですが、どうしてもやめることができず、もとの生活に戻ってしまう。実際こういう方が多いのではないでしょうか。

 

 

辞めたいと思っても、パチンコ依存症(=病気)だから仕方がないと言えば、たしかにそうなのでしょうが、依存症ではない人からみたら、本来やめたいのに、やめる方法を見つけるぐらい、簡単にできそうです。それができないというのなら、やはり、専門医に相談することがパチンコと絶縁する唯一の方法であり、パチンコ依存症から脱却する方法なのだと考えられます。

 

 

しかし、もっと本質的な問題がじつはあるような気がしています。それは、依存する心の問題に気づくことです。それに気づくことが最終的な解決につながるのではと考えます。

 

 

じつはアダルトチルドレンこそが、パチンコ依存症と密接につながるキーワードではないかと私はみています。アダルトチルドレンとは、「機能不全家庭で育った子ども」と言って良いと思いますが、もとをただすと「子供時代にアルコール依存症者の家庭で育った大人」というのが本来の意味だそうです。いまでもときどき見られる「精神的に大人になりきれていない大人」や 「子どものような大人」というものではありません。

 

 

パチンコ依存症になるのは、その人のもって生まれた資質とは直接関係しないと個人的には思っているわけですが、同時に、多くの依存者はアダルトチルドレン的要素を抱えているようです。もちろん過去は変えることはできませんが、自分がアダルトチルドレンと気づくだけで、もっと自律的にパチンコ依存症を治そうと思えるのではないでしょうか。

 

 

アダルトチルドレンが依存症に陥りやすいと言われる仕組みとは

 

では、アダルトチルドレンだった過去が、さまざまな依存症につながっていくのはなぜか? それは自分がアダルトチルドレンだった過去が、自身の自己否定してしまう心を育ててしまうからです。

 

 

「子供時代にアルコール依存症者の家庭で育った大人」は、アルコール依存の身勝手な親に気に入られるために、親に気に入られる子どもとして育つようになります。そのことが彼から子どもらしさを奪っていき、やがて自己否定観を育ててしまいます。自己否定する気持ちは、親の依存症によって、ありのままの自分を肯定的に受け入れられなかったことが育ててしまった結果です。

 

 

ここで脱線ですが、アダルトチルドレンかどうかは分からないけれど、自分も自己否定観が強いと感じた方もいるかも知れません。そういう人はパチンコ依存症ではなくても、自分に依存しやすい性癖があることに気づいていると思います。

 

 

機能不全家庭で育ったいわゆる典型的なアダルトチルドレンは、大概、物分かりの良い子で育ちます。こうした傾向は自分を押し殺して成長していくアダルトチルドレンの特徴を示しています。こうして自己否定観が強く育ってしまうと、自分を認めてやることがしにくい大人に成長していきます。そして不安定な自分を支えようとして何かに依存しやすい自分ができてくるのです。これが、アダルトチルドレンが依存症に陥りやすいと言われる仕組みです。

 

 

ちなみに「何かに依存しやすい自分」とは、何かに依存していないと立てないほど不安定と言うことです。このことからも、酒を遠ざけたりパチンコを意思の力でやめさせるのが間違いであることに気づくと思います。また、これに気づくだけでも、子どものころの自分を理解し、認めてあげることができます。また、そのことが本来理解されにくいパチンコ依存症の難しさから、あなたがほんの少し解放されるきっかけを作る可能性も感じます。

 

 

アダルトチルドレンという言葉かは分かりませんが、「何かに依存しやすい自分」を作った原因はどこにあるのか、ぜひ自分なりに言葉化してみることをおすすめします。

 

 

借金が膨らんでいるなら債務整理で人生を一度リセットする

 

パチンコ依存症のもうひとつの問題が借金です。このサイトで何度も言われていることですが、パチンコ依存はどうしてもお金の問題がついてきます。借金が自力で何とか返せる額なら、グレーゾーン金利の時代でもありませんから、自分で対処すれば良いのですが、額がかなり膨らんでいるのなら、債務整理で人生を一度リセットするのもひとつの方法です。

 

 

債務整理をすれば、一時的に支払をしなくても良くなり、督促の電話や郵便物もストップされます。こうした落ち着いた環境のなかで依存脱却に集中できるは債務整理を選ぶメリットのひとつでしょう。

 

 

ただし、債務整理の判断が年々厳しくなっているのは事実で、これまでなら楽に処理できた事案でも、債権者から合意がでなかったり、裁判所も免責をなかなか下ろさないということが起きているようです。そのため、やるなら早目に動くことが債務整理の場合も必要なようです。

人気の記事