パチンコ依存症で借金!破滅へと転落人生


NPO法人「ワンデーポート」について

この記事では、パチンコ依存治療の分野でNPO法人として知られる団体「ワンデーポート」について紹介しています。

 

 

なお、ギャンブル依存症の自助グループとしてはギャンブラーズ・アノニマス(GA)も有名ですが、GAはNPO法人ではありません。自助グループです(どちらかと言えばボランティアに近いと言える)。記事の最初に、NPO法人についてもまとめていますので参考にしてください。

 

 

NPO法人ってボランティア団体のこと?

 

NPO法人という言葉があります。NPOとは「Non Profit Organization」の略で、非営利団体のこととして一般的には通っています。ここで誤解を生みやすいのですが、NPOとはボランティアとは違います。NPOイコール非営利な団体ではないと言うことです。

 

 

NPOは非営利団体がだとしても、団体を運営している以上、経費はかかります。そこでNPOは事業により収入を得ています。一般の営利企業のような利益追求型ではありませんが、普通に事業活動を通じて利益を生んでいるわけです。ちなみにNPOは法人格が与えられ、普通に法人税が課せられています。この点でもボランティア団体とは違います。

 

 

ただしNPOは営利企業のように、事業で得られた収益を社員や株主で分配しているわけではありません。事業で得た利益は今後の事業にあてなければならないからです。ここが両者の大きな違いです。繰り返すと、営利企業とNPOの違いは、社員や株主に対する利益の分配があるかどうかだけの違いなのです。

 

 

パチンコ依存治療の分野にもいろいろなNPO法人があります。NPO法人として有名なのはワンデーポートです。

 

 

パチンコ依存症治療のNPO法人とはどんな活動をしているの?

 

認定NPO法人ワンデーポートは横浜市瀬谷区に所在しています。ワンデーポートは国内では唯一、入寮受付も実施しているギャンブル依存専門の回復施設です。というか、ワンデーポートは入寮制です。ここを理解する必要があります。ただし、入寮といっても病院に入院するのとは違って、外出はできますし、生活費はもちろん自分で管理することになります。

 

 

なお、療はファミリータイプのアパートで、ひとつの部屋を3人で使っています(もちろん、それぞれに個室が与えられます)。

 

 

そして費用が気になりますが、ワンデーポートのHPをみると、食費込みで1ヶ月で19万円ほどが見込まれています。利用費は以下の通りです。

 

【利用費の内訳】
■入所金(利用開始時のみ)
32,400円(消費税込み)

 

■入寮費(寮費)
1ヶ月/50,000円

 

■プログラム利用費
1ヶ月/54,000円(消費税込み)

 

■食費
実費

 

 

【プログラムについて】
プログラムは2種類用意しています。

 

 

〈基礎プログラム〉
まずはじめに3ヶ月間の基礎プログラムを経験していただきます(基礎プログラムだけの利用も可能)。メニューは個別面接、グループセラピー、レクレーション、ボランティア活動など。なお、この期間中は仕事はできません。

 

 

また、ワンデーポートはギャンブラーズ・アノニマス(GA)のミーティングとも連携していますが、GAのミーティングについては、かならず参加しなければならないわけではありません(ワンデーポートでは、GAが合わない方を尊重しており、最終的には、スッタフがその人に合うミーティングを提案しています)。

 

 

〈就労プログラム〉
基礎プログラムの3ヶ月が過ぎると、その後は就労プログラムに移行していきます。つまり入寮生活をしながら、仕事を自分で探し就労してもらうと言うものです。なかには、資格取得のための勉強や、学校に通う方もいます。また、障害者雇用を希望される方は就労支援を受けることも可能です。

 

 

入寮期間は基礎プログラムと就労プログラムで1年間という方が多く、希望によって最長2年まで延長できます。

 

 

本当にパチンコ依存症を治療できるのか?

 

回復施設はどこも同じだとは思いますが、自由は確保されているとは言え、基本的に入寮生活を送ることになるワンデーポートは、やはり本気でパチンコをやめる気になっていないとやはり厳しいでしょう。また仕事をしている方は、休職するか退職しなければなりませんから、よほどの覚悟が必要です。

 

 

ただ、そこまでしてパチンコ依存症を脱却したいという気持ちで臨むわけですから、ワンデーポートを続けた方は、結果的に早期に依存から解放されるのではないかと思います。ともかく、ワンデーポートの場合、利用者は日常生活から切り離される状況となるのが良くも悪くもその特徴です。それでも、金銭問題がある方は、債務整理をしながらプログラムを受けることもできますし、やり方はいろいろ考えられるでしょう。

 

 

家族の同意が得られるのであれば、チャレンジしてみる価値は十分あるプログラムだと思います。なお、ギャンブル依存、またパチンコ依存症に悩む方に向けて、行政をはじめ民間のNPOなどが無料の相談窓口を設けています。別のエントリーでも紹介していますので興味のある方はあたってみてください。

人気の記事