電話相談ができるパチンコ依存症の回復相談施設


意外と多いパチンコ依存症の回復相談施設

パチンコ依存症の回復相談を行っている各種機関は意外の多いというのはご存知でしょうか。ここでは、ホットライン機能や無料相談窓口を持つ行政機関やNPO団体などを紹介しています。フリーダイヤルのようなものは、とくに設置していませんが、興味があれば利用してみれば良いのではないでしょうか。

 

 

行政機関の場合、大抵は病院の精神科、あるいは自助グループを紹介するなどで終わることが多いかも知れません。しかし、そのような相談窓口があるだけで、心が軽くなる方もいます。誰にも相談できず、行き詰まっている方は、まず連絡してみてください。

 

 

行政機関

 

ギャンブル依存に限定されているわけではありませんが、行政機関にもホットラインや無料相談窓口がいろいろ用意されています。

 

 

【精神保健福祉センター】
精神保健福祉センターは各都道府県に一ヶ所以上設置されており、地域の精神保健福祉活動を推進している機関です。なお精神保健福祉センターでは、保健所をはじめとする関係機関に対して専門的立場から技術指導・援助等も行っており、電話相談には臨床心理士等が対応しています。なお電話相談は、あらかじめ予約が必要です。

 

 

【保健所】
地域の保健所も精神保健福祉相談を行っています。対応してくれるのはおもに精神保健福祉相談員ですが、保健師や医師も相談に対応している保健所もあります。

 

 

これらの窓口はいずれも幅広く依存症を扱っているのですが、最終的には医療機関の紹介に終わることもあります。ただし、そうした情報も分からない方にとって、治すきっかけのひとつにはなると思います。なお、相談は無料ですが、別途、医師による医療行為が伴うと、当然、有料になることだけは覚えておいてください。

 

 

NPO法人

 

次にNPO法人の支援団体を紹介します。アルコール・薬物問題の支援団体が多いですが、広くアディクション問題に関わっている団体では、ギャンブル依存やパチンコ依存症の相談にものってもらえると思います。

 

 

【AKK(アディクション問題を考える会)】
東京都世田谷区上北沢のAKKでは、実際に依存を経験した仲間が、ボランティアのカウンセラーとして電話での無料相談を行っています。相談は、アディクション問題全般にわたっていますので、パチンコ依存症も対応してもらえるはずです。また、必要に応じて医療機関や自助グループの紹介も行っています。なお相談日は火曜日(祝日・年末年始・夏休みを除く)の午前は10時から12時まで。午後は1時から4時までなっています(03-3329-0122)。

 

 

【特定非営利活動法人ヌジュミ】
特定非営利活動法人ヌジュミは、神奈川県横浜市にある女性専用のギャンブル依存症を回復支援する施設です。代表の女性は、回復施設を通して自助グループにつなげてもらい社会復帰を果たした元ギャンブル依存経験者です。お問い合わせや電話相談の受付は、曜日を問わず、午前9時から午後5時までとなっています(045-744-6516)。

 

 

自助グループ

 

もちろん自助グループにもホットラインや無料電話相談があります。ただし、自助グループになると、ホットラインというような使い方をする人はほとんどなく、大抵は入会希望の質問が多くなります。

 

 

なお、自助グループとは、なんらかの障害や問題を抱えた者どうしが自発的に結びついた集団という意味があり、NPO法人でもありません。 精神障害の自助グループの場合は、専門家の手にグループの運営を委ねず、あくまで当事者らが独立して存在しています。

 

 

ギャンブル依存の自助グループで有名なのは、こちらのウェブサイトで何度も出てきているギャンブラーズ・アノニマスでしょう。

 

 

【ギャンブラーズ・アノニマス】
有名な団体ですから、詳細は省かせていただきますが、問い合わせをする場合は、常駐のスタッフがいない関係で郵送・FAXまたはメールで受け付けているようです。また返答にも時間がかかりますので、ほかの団体のようにスムーズな電話相談というわけには行かないようです。それでも連絡を入れたい場合は、HPにあるPDF形式の質問ファイルを使うか、メールでと言うことになります。

 

 

【ギャマノン】
同じくギャンブル依存症の自助グループですが、ギャマノンはギャンブル依存症の本人ではなく、その家族・友人のための自助グループです。ギャマノンの電話サービスは毎週月曜日と木曜日の午前10時から正午までとなっています(03-6659-4879)。

人気の記事