家族の方にも読んでもらいたい!パチンコ依存症の末路とは


いま、パチンコ業界は何一つ良いことが見つからない

ここでは、パチンコ依存症から脱却できず、パチンコを続けた場合の末路について考えてみます。

 

 

当然ながら、パチンコ依存症は、社会的にも経済的にも不利益な結果となることは明らかです。数年前にピークとなったパチンコ業界は、ホール数、来場者数も落ち込んでおり、それに伴い利用者はますます勝つ見込みが減少した台に、向かわざるを得なくなっています。

 

 

また軍資金の確保もいっそう難しくなっており、そればかりか、債務整理も困難になりつつあるいま、パチンコをする人にっては、何一つ良いことが見つかりません。そんな中、パチンコ依存症には、内在する本質的な問題も隠れています。依存症本人だけではなく、家族の方にも読んでいただければ幸いです。

 

 

パチンコ依存症を脱却できずにパチンコを続けていくとどうなるのか?

 

パチンコ僻が酷く、依存症を克服できないケースは私たちが想像するより多く存在しています。考えてみれば、パチンコ依存症から脱却できたとする方のほうが、少ないのが現状です。

 

 

では、パチンコがどうしてもやめられず、パチンコ依存症が続いていくと、生活にはどのような影響があるか考えてみましょう。まず決定的なのは、借金が増えてしまうことです。パチンコ依存症が続く限り、依存者はつねに借金問題と戦うことになります。なぜお金を借りてまでパチンコを続けるのかと言うと、軍資金を確保するためです。

 

 

ただ、際限なく借りていけば、やがてヤミ金にまで手を出し、パチンコを続けることでしょう。もし、ヤミ金に手を出したとしても、ヤミ金に借りた分は弁護士に相談すれば返す必要はなくなります。まわりの人は大変ですが、そこまでなら、まわりを探せば同じような人はいるかも知れません。

 

 

でも、目の前の荒み切った自分を鏡に映して見れば、その悲惨さは何とも言い難いものがあるでしょう。配偶者や肉親なら、その結末は悲劇といっても良いものです。周囲の人は普通に明るく生きていたむかしを見て知っており、このような行く末はまったく想像していなかったからです。

 

 

ちなみに、借金が返せなくなった場合でも、自己破産が認められたのですが、今後は免責が下りない場合も考えなければいけません。なぜなら、ギャンブルが原因で作った借金は、自己破産が認められないというのが基本だからです。

 

 

これまでは、諸事情を鑑みて裁量免責とすることが多かったかも知れませんが、安易に自己破産する人が増えてくると、裁判所も簡単には免責を認めなくなって来ることが考えられます。

 

 

パチンコ依存症のもうひとつの末路

 

また、パチンコ依存症というのは、本人だけものではなく家族、または友人をも巻き込む恐ろしい病気でもあります。とくにまわりの人が本人の回復に一生懸命に取り組むと、本人は依存症から脱却できず、まわりの人間も疲れ果ててしまうという状況になってしまいます。

 

 

本気で疲れたまわりの人は、やがて依存を求めるようになり、それが原因で自分もパチンコに依存してしまう。ついには本人とは別のパチンコ依存者が、もうひとり増やしてしまうのです。パチンコ依存症の自助グループには本人の依存を回復するべく作られたギャンブラーズ・アノニマスと、その家族などを支援するギャマノンがあります。このギャマノンでは、依存者を支援しながら自身も依存症の陥る家族も支援しています。パチンコ依存症は家族にも依存が連鎖してしまう怖い病気なのです。

 

 

避けなければならない共依存の連鎖

 

このような連鎖は、パチンコ依存症の回復支援を続けるうちに起こってしまう場合と、家族が本人は依存症だと認識しないうちに、連鎖する場合があります。

 

 

またパチンコ依存者に代わってお金の管理をするケースでも連鎖します。アルコール依存症の人に酒をセーブさせようと、酒量をコントロールするケースでも依存が移る場合があります、それと同じです。お金の管理をするケースと言いましたが、これは軍資金をセーブしながら渡していたわけです。それで、まわりの人が、知らぬ間にパチンコ依存症者になっているのです。想像するとちょっと恐ろしいですが、これは共依存というもので、パチンコ依存症の中では勇名な話です。

 

 

共依存は支援が裏切られ、変わらず依存し続ける酷く落胆する気持ちから生まれます。共依存になるのを防ぐには、誤った支援は慎むことです。そうしないと、依存症の回復支援をしていたまわりの人が、依存症から抜け出せなくなり、金銭問題も一層悪化して行く恐れがあるからです。もしかしたら、共依存こそ悲惨な結末と言えるのではないでしょうか。

人気の記事